個人事業でもつかいやすい

教室や展示室

個人でダンスやヨガなどのインストラクターをしているとある程度広い場所が必要なります。
固定客がついてくれば、どこかの部屋を賃貸したり購入することも検討できますが、始めたばかり、これから始めていきたいという段階では賃貸も購入も難しいですよね。
そういう時にレンタルスペースを活用することもできます。
レンタルスペースは時間借り可能なので、予約が入った時や、曜日を決めて借りることもできます。
そうすることで、毎月の家賃やローンを支払うよりもコストを抑えることができます。

同じく、作品を展示したい、グループで部屋を借りて練習に使いたいという時もレンタルスペースは利用されています。
どちらも使いたい時にレンタルして、展示会を行ったり、練習に使用することができます。

物販、イベント

何かものを販売したい時、不定期のイベントで人が集まる時に使いたいという時にも便利です。
アクセサリーやカバンなど、手作りの物をネットで販売できる場所は増えてきていますが、「手に持って見たい」という消費者のニーズもあります。
大きなイベントに出店することでも販売はできますが出店料がかかる上に、他の出展者が多くいる分作品のアピールがしにくいです。
自身でレンタルスペースを借りるのであれば、自身の作品のアピールをしやすいのと、テーマに合わせて他の出展者を募ることで相乗効果も期待できます。

場所によっては飲食関係の許可がとれている場所もあるので、例えばお菓子を作って1日限定のカフェをするといったことも可能です。


▲ TOPへ戻る