レンタルスペースとは?

会社の社内会議や外部の人を招いてのミーティング、一般の人も参加のセミナーで使われることもあるレンタルスペース。 社内に会議室やそれに代わるスペースがあっても便利な事がたくさんあります。 仕事でレンタルスペースを利用することのメリットについて見てみましょう。

個人事業でもつかいやすい

個人事業主の方やそれに向けて準備をされている方にもおすすめなのがレンタルスペースです。 特に広い場所が必要であったり、許可が必要な事業ですと、初めから自分で準備をするのは金銭面でも大変なことが多いです。 場所をお探しの方は是非参考にしてみてください。

仕事での使い道

レンタルスペースは1時間あたりいくらで、その部屋や一軒家を借りることができます。
長時間の使用を想定している所でしたら6時間で借りたり、1日借りるとお得になることもあります。
普通のマンションや貸家ですと、1か月単位で借りることになるので、「ちょっとの間だけスペースが欲しい」と言う時には不便です。
また、1か月だけでも賃貸契約すると、敷金や礼金といった部屋代以外の費用が
発生しますし、必要な機材の搬入の費用も労力もかかります。
もしも、借りた部屋で展示会や短期の店舗を考えると、立地や費用をより厳選して部屋を探す必要が出てきます。
そして、これから英会話教室を始めたい、ヨガ教室を始めたいといった、将来はしっかりと部屋などを借りてしたくても現在は費用的に難しいという時、そして自宅でするのも難しいという時もあります。
こういう時に便利なのがレンタルスペースです。

また、レンタルスペースは部屋を借りるだけでなく、備品を揃えていることも多いです。
場所によって無料で使えることもありますが、有料で貸し出ししていることもあります。
どちらにしても、購入することなく、必要な間だけつかえるので便利ですね。

時間借りができて機材や設備を仕という点で、レンタルスペースは会社の会議やミーティング、個人事業やこれから事業を大きくしていきたいという時、また、パーティや友人知人の集まりで使用したい時に利用しやすくなっています。
会社の場合、個人事業の場合、プライベートの場合、それぞれの具体的な活用の仕方についてご紹介します。

おすすめリンク

プライベートな使い道

ホームパーティと言うと、家で開くものでしたが、ホスト側の負担や非日常感を出したいということでレンタルスペースで開くことが人気です。 レンタルスペースには様々な種類があり、その中にはパーティ向けや勉強会向けといった、個人で借りやすく、また備品等が揃っているものもあります。

▲ TOPへ戻る